結婚式、お色直しには貸衣装を上手に利用しましょう。

お色直しはどうするのか

本来お色直しは、新婦が白無垢から色ものに着替えて、嫁ぎ先の家風(色)に染まったことを表したものです。最近は、新婦のお色直しで、和装の白無垢や色ものから、洋装のウェディングドレスに着替える場合、新郎もこれに合わせて、和装の黒紋付の羽織と袴から、洋装にお色直しをするケースが増えています。新郎の洋装へのお色直しは、夜の正装である燕尾服か、略礼装のタキシードやモーニングコートなどを着ることが多くなっています。

貸衣装の上手な利用方法は

現在、結婚式で新郎新婦が着る婚礼衣装は、ほとんどが貸衣装です。貸衣装を上手に利用するポイントは、まず、予算をはっきり決め、予算より安いものから見ていくことです。予算を決めておかないと、あれこれ目移りしてしまい、どの衣装にするか決められなくる場合がありますし、気に入ったからと言って、後で予算オーバーになってしまうような高価なものを選んでしまう事も避けられます。次に、なるべく数多く試着することです。そして、自分の体形や二人の釣り合いも考え、式場に合う衣装を探すのも大切です。白無垢や純白のウェディングドレスを選ぶ場合、白いハンカチを持参して比較すれば、変色がチェックできます。シーズン中は、貸衣装試着の予約も込み合い、好みの衣装が着られないこともあります。しかし、あまりにも早く試着すると、予約後に汚れや傷みが生じる可能性もありますので、式当日の一か月くらい前に予約を入れて、試着するのがベストです。

人気のある福岡の結婚式場は、落ち着いた雰囲気や、ファションショーの様な展開で、大人のウエディング感を演出します。