憧れの結婚式!自分に合ったウエディングドレス選びのポイントって?

納得が行くウエディングドレスを選びたい!

結婚式を挙げることが決まった方の中には、ウエディングドレス選びで頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。一生に一度の結婚式ですし、納得のいくウエディングドレスを着て思い出に残る結婚式にしたいものですよね。ウエディングドレスを選ぶ時のポイントの一つに、買い取りにするかレンタルにするかがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、まずはそれぞれの点をよく理解しておく必要があります。

気に入ったデザインを選べるのが買い取りのメリット

買い取りのメリットとして挙げられるのが、デザインの選択肢が多いという点です。数多くのブランドでいろいろなデザインのウエディングドレスを販売していますし、オーダーすることも可能なので、デザインにこだわりたいという方におすすめです。デメリット面としてレンタルに比べて費用がかかってしまう点や、着用した後のお手入れや保管に手間がかかってしまうという点が挙げられます。注意してお手入れや保管をしないと、せっかくのドレスが虫食いやカビでダメになってしまうことがありますよ。

費用が安く手間がかからないのがレンタルの魅力

レンタルは費用が安く済むという点と、お手入れや保管の手間がかからないというメリットがあります。高くて手が出ない有名ブランドのウエディングドレスも、レンタルなら着ることが出来ますよね。また、着用後は返却するだけなので手間がかかりません。ただし、気に入ったデザインのウエディングドレスがあるとは限らないというデメリット面があります。買い取りとレンタルは、それぞれのメリットとデメリットがちょうど反対になるので、自分が何を重要視するかを考えた上で、どちらにするか決めるようにすると良いでしょう。

ヴェラウォンはアメリカのファッションデザイナー、また同名のファッションブランドのことです。ウェディング・ガウンが有名で、「花嫁には新しいドレスを」をコンセプトに、オーダー購入を基本としています。